変形性膝関節症

   

このようなお悩みはありませんか?

  • 膝が痛くて歩くのも辛い
  • 座ってから立ち上がると痛みが出てくる
  • 膝に水が溜まることが多く抜いてもらうことを繰り返している
  • 手術をしたくない
  • 注射や痛み止めを定期的に打つのが辛い

そもそも膝痛・変形性膝関節症の原因とは?

変形性膝関節症は膝の関節軟骨が減少し、膝関節の骨と骨の間が狭くなり骨同士が衝突され変形または骨棘が出来てしまって歩行時などにに膝の痛みが出てくる進行性のものです

初期では平地では問題ないが正座や階段の昇降時に痛みが発生しやすいです

進行していくと平地でも歩行に支障が起き、さらに進行していくと日常生活に支障をきたすようになっていく

膝が痛い男性のイラスト

初期

関節軟骨がすり減り関節の隙間が狭くなっていく

朝に膝のこわばり感が起きていきます、起床後歩きにくいような重い感じが起きまた鈍痛のようなな痛みが起きることも起きていきます。

身体を動かすと症状をあまり感じないため気にならないことが多いが症状が進行していくと正座や階段の昇降時などで痛みが出てくることが多いです

 

中期

関節軟骨がさらにすり減り関節の中に骨棘が出ていきます

関節液に混じった軟骨の破片が骨膜を傷つけ痛みが生じていきます

初期では休んだり動かしたりすると痛みが感じなかった感覚が中期になるとなかなか痛みが消えなくなっていきます。正座やしゃがんだり階段の昇降時に痛みがつらく困難になっていきます。

関節内部の炎症が進むと膝が腫れて熱感が出ていきます

関節液の量が増えるに伴い膝の変形が目立つようになり関節がすり減って摩擦が大きくなっていき、動かす際に音がなることが多くなっていきます

 

末期

さらに軟骨がすり減ると軟骨がなくなり骨同士がぶつかり激しい痛みが生じる

初期・中期で見られた症状がさらに悪化していき平地で歩くことも困難になっていき日常生活にも支障がきたしていきます

関節の変形が躊躇になっていきO脚になっていきやすい

※似ている疾患

ベーカー嚢腫

 滑液包で炎症が起き、関節液が膝の裏側の滑液包にたまり袋状に突出した状態で起こります

 関節液が溜まる原因は、関節リウマチや変形性膝関節症や膝の過度な使いすぎが多いです。

 症状は膝の裏側に不快感があり野球ボールくらいまで大きくなっていき、進行すると神経を圧迫して痛みやシビレを伴うこともあります。

一般的な対処法

保存療法

 運動療法

  膝の周りの筋肉を動かしたいが痛みがある方がほとんどなのでまずは膝に負担がかからない

  体操や水泳などをやることが多い。

 薬物療法

  消炎鎮痛剤やヒアルロン酸の注射をすることで痛みや炎症を抑える

  運動療法と併用することが初期では多い

手術療法

 保存療法を続けていても効果がなかなか見込めない方や、日常生活を送るのも辛い方がすることが多いです

種類は、関節鏡視下手術、高位脛骨骨きり術、人工膝関節置換術

 

からだラボ整体院 駒沢大学前院の施術方法とは?

からだラボグループでは、延べ2万人以上の施術実績から変形性関節症の原因はインナーマッスルにあると考えております。

そもそも変形性関節症のなってしまった理由から紐といていくと関節を支えている筋肉が弱くなったり硬くなってしまうことで本来あるはずのクッションの役割を果たすことが出来なくなってしまうからです。

また、インナーマッスルの特徴として身体を支える役割があるため変形性関節症を起こしてしまった原因はインナーマッスルにあると考えました。しかしこのインナーマッスルは施術を行う事が難しいため、当院では特殊な治療機を使うことで直接的かつ集中的に施術を行う事で早期回復を計り、多くの患者様に喜ばれております。

元気に階段を上る女性のイラスト

中々良くならない膝の痛みでお悩みの方は一度ご相談ください。

予約優先制で予約には限りがありますのでまずはお問い合わせください!!