有限会社齋藤/まごころ接骨院グループ

東北の人を健康に。日本中を健康に

卒業のある接骨院グループです。

まごころグループは卒業のある接骨院グループです。

身体に関する悩みを根本的なレベルから解決し、再発しない身体作りをトータル

プロデュースします。

当院で最も大切にしているのは「姿勢の細かな分析」です。

身体に関する痛みや悩みには必ず原因があります。またレントゲンを撮っても

原因がはっきりしないものでも、ゴールデンラインから角度を計ると今どう

いった状態で身体が立位を保てているのかがわかります。

根本改善

痛みのメカニズム

筋肉の種類:

筋肉には二種類あります、一つはインナーマッスル。二つ目はアウターマッスルです。

インナーマッスルは骨格を支える役割。

アウターマッスルは身体を動かす役割があります。

インナーマッスルは骨格を支えているので、インナーマッスルがしっかりあれば骨格が

正しく支えられて、アウターにも負担がかからなく動かす事が出来ます。

インナーマッスルがしっかりあって骨格が正しく、アウターマッスルが機能していれば

痛みは本来出てきません。

インナーマッスルの低下が、痛みを発生させる出発点

インナーマッスルが低下してれば骨格が歪みます。

骨格が歪んだ状態で、アウターをを動かすと、負担が余計にかかります。

負担が大きい状態で、体を動かすとどうなるかというと、無理に動かしている

状態なので、痛みやコリが出てきます。

負担がかかってる状態とは、細い針金に例える事が出来ます。

同じ場所でずっと曲げたり動かしていると、ポキッと折れてくるように、

人間の身体も同じ箇所でずっと無理に動かしていると、いつか軟骨部分は

ヘルニアや狭窄症になり、骨では変形が起きます。

ここまで進むと、手技で治すことができなくなるので、手術でしか治せなくなります。

変形したものは外科でしか治せないため、

接骨院では、現状よりひどくならないように進行を止める治療を行います。

まだ動けている状態なので、改善治療をしていくと今以上悪化をすることはなくなります。

ヘルニアや狭窄症自体が放つ痛みは10あるうちの1~2

段階にもよりますが、動くことが出来るうちのヘルニアや狭窄症が放つ痛みというのは

10レベルあるうちの1~2のレベルです。残りの8割近くが、インナーマッスルの低下から

アウターマッスルの無理が祟って起きている筋肉の痛みです。

なので、マッサージなどを受けると硬くなった筋肉が柔らかくなるので痛みが和らぎます。

根本解決

例えば上の画像の草を二度と生えてこないようにするためには何をしますか?

生えてこないようにするためには根っこから取り除きますよね?

痛みもこの草に例える事が出来ます。

土から上に生えている草を取り除くのが、マッサージなどの対処的な療法手段です。

ですが、いくら筋肉が柔らかくなったとしても永続的には持ちません。

根っこが残っていれば草はまた生えてくるように、痛みはまた戻ってきます。

根本治療の字の通り、まごころグループでは表面に生えている草の状態ではなく、その

根っこの深さがどうなっているかを見ながら、早期回復のプロデュースを行います。

 

骨格と筋肉のプロが施術を行います。

骨格と筋肉のプロである柔道整復師が

身体の状態を見極め、卒業までの治療計画

を提案していきます。また、心身の不調に

対しては鍼灸師が対応します。

 

なんでもご相談ください

身体に関する悩みであれば、お近くのまごころグループ接骨院に

なんでもご相談下さい。

姿勢検査プログラムを始め、症状に適したオーダープログラムを

ご提案します。

また各種健康保険も取り扱いが可能です。